ブログ

中小企業経営者の人生目標と経営成功

経営者なら誰でも経営の成功を望み、願い、信じていることと思います。しかし、それは自らの人生の中にあるということに気づいている方は意外にも少ないのです。

大黒天経営での数多くの中小企業経営指導の結果、明確に言えることは、

◎中小企業の場合、会社経営は経営者の人生の中にあるということ

経営者が自分の人生をどのように考えているかで、経営などはいかようにも変わってしまうということです。

極端な話、経営者に不健全な人生観しか無いような状態で、会社だけが経営成功するということは絶対にありません。

やはり、経営者自身がまず自らの人生目標を持ち人生計画を立てているからこそ、その中に走っている「会社」も成功に向かってゆくことができるものなのです。

なぜなら私は、「会社とは、経営者の人生という線路の上を走る電車のようなものだ」と考えているからです。そうだとしたならば、線路の先がどうなっているのかを考えなければ、会社経営は成功するはずもありません。

人口が減少しているこれからの日本では外国人の雇用なども始まり、特に世の中の変化が早くなってきます。変化が早くなる時代だからこそ、先を見据えた目標と計画が重要になってくるのです。

「変化が激しいから、目標を持っても無駄だよ。まず今をガムシャラに行い、その中で道を見い出せばいいよ!」と、仰られる方もおられないとは限りませんが、変化が早くなっても経営の本質は変わらないということを前提に考えると、そのような考え方は大きな間違いであるということに気づかれるはずです。

いや、むしろ、変化が早い時代だからこそ、これからの中小企業経営者は、変化していくことを見据えた目標を持ち、計画を立てることを行っていくということが求められているのです。

(青木忠史)

メルマガ購読は以下をクリック!

こちらも合わせて読まれています!

PAGE TOP