ブログ

経営の道にある数々の『崖』を知る

成功するのは100人中3人以下とか1人以下と言われることがあります。これについての実態をご紹介いたします。

私たちが経営指導を行っている経験から感じているところでは「100人中100人に通用する成功法則」が無いのではなく、まっすぐ行けば成功できるはずなのに、何かの拍子で「その道」からズレてしまうことがあるということ。その結果、成功できない人が多いということです。

「何かの拍子」とは言いましたが、それは、実は、以下のとおりです。

◎自我(欲)が騒ぎ出し抑えることができない

一段成果を手にしたから「もっとやってやろう!」と、欲望が膨らんで力んでしまい、初心を忘れて大きく踏み外す人も居ます。「初心」とは、誰でも「今自分が行っている仕事でお客様に喜んでもらいたい」という気持ちであるはずです。

お客様が増え、組織が少しずつ育って行く時でも、この「初心」を持ち続けることが、成功の道を外れないことになります。

それまで、自社商品とお客様を見つめていたにもかかわらず、ある時から急にライバルを見つめるようになってしまい、競争の世界を見つめてしまい、知らない間に「初心」から反れていってしまう方もいます。

また、今までより大きなお金を扱うようになったとき、子供の頃にできなかったことがふつふつとこみ上げてきて、「やりたいこと」「ほしいもの」等を手に入れることに専念してしまったりすることもあります。そのような心が消えない限り、正しく「初心」を貫くことができません。

さらには、一段成功したときに、次の目標を見つけることができず、勉強やセミナーなどに参加しているうちに、横道に反れていってしまうこともあります。

そのほかにも、奥様との関係、子供との関係、家庭内での問題が明確化してきて、そこで足を止められてしまうというケースも多々あります。(これは成功する前も、一段成功をした後にも現れます)

他にも、マーケティングが成功してきたので、今のマーケティングが通用するうちに、組織を成長させていきたいのにも関わらず、社員のマネジメントがうまくいかない、社員とのミスマッチが解消できない、その結果、労使上の問題になったりしてしまい、社内に気持ちが囚われてしまう…。ひどい労使上の問題等が起きると、社長も適度に心に傷を負ってしまい、疑心暗鬼になってしまう…。

その上で、いつまでも不安に囚われている心から病気等を患ってしまい、入退院を繰り返すようになってしまう…。健康上の問題になってしまい、初心を発揮できなくなってしまう…。

 

このようなことが、経営者の人生には、本当に多いのです。

だからこそ、私たちは「経営は心の位置」が大切だと思っているのです。

ただ、自らが行く「本質」だけを追求すれば確実に成功を実現できると思えるのに、上記のようにいろいろな課題が起き、100人中98人以上が、道が反れてしまうことがあるのが経営なのです。

だから、あなたの経営から一歩離れた位置から見守ってくれているメンターや指導者が必要なのだと思います。

変わりゆくあなたの身の回りの環境の中で、あなたが変わらず本質を貫くためにも、あなた自身の心を常にニュートラルな状態に保ち続けること。

つまるところ、経営と人生の本質とは、このようなところにあると思います。

 

メルマガ購読は以下をクリック!

こちらも合わせて読まれています!

PAGE TOP