ブログ

最強の中小企業経営コンサルタント

 

最強のコンサルタントの姿勢とは、

◎私はナンバーワンであり、

◎私はオンリーワンである

と、心から言い切ることができることであると、私は考えています。

まず、『ナンバーワン』という概念は、「能力面」や「知性」に基づく視点です。何か1つ卓越した能力を持っていることが、経営者が経営コンサルタントに求めていることであるため、経営コンサルタントとしては、まず、その分野・その世界で「ナンバーワン」と言い切れる「能力」を習得することが大切です。

昔から「一芸に秀でる者はすべてに通ず」と言われてきたとおり、その力は必ず、経営者に通用する力となります。普段厳しい経営者であっても、人間的な性格面が普段から厳しいわけではなく、自分が求めている能力を備えていない人間などに対価を払うということはしないからです。

また、「オンリーワン」とは、「ナンバーワン」とは正反対の側面の「感性的」な面になります。

経営コンサルタントは、時に「知性」だけで勝負をしていると勘違いをしてしまうことがあるのですが、多くの人をマネジメントしている経営者は、感覚が鋭く対人折衝能力の高い方がほとんどです。

そのようなことから、いくら優れた「知性」を持っていたとしても、無礼、失礼な態度のコンサルタントを雇い続けるということは一切ありません。

『あなたの言うことは正しいし、そのとおり行えば成功できることは理解できる。しかし、私があなたを選ぶか、他の人を選ぶかは私が決めることだ!』

これは、能力の高い経営コンサルタントなら、一度以上、クライアント様に言われたことがあるのではないかと思います。

コンサルタント側も、つい、もっと早く業績向上を実現してもらいたいがゆえに、相手のプライドを損ねたり、嫌われるような言動を取ったりしてしまうことがあるのです…。

つまり、

「知性」だけを振りかざしてコンサルティング対応をしている中で見落としてしまっていることがある。それは『感性』であるが、感性の面を意識出来ない経営コンサルタントは、いずれお客様に切られるため、時として、致命的なものになるということなのです。

そこで、相手のクライアント様にとって「1対1の人間関係」を構築することを心がけ、本当に大切な方に対して、唯一の人として接していくような心構えを実行していくことを心がけて行く必要があります。

それが「オンリーワン」という心構えなのです。

このようなことからも、最強の経営コンサルタントを目指すためには、『ナンバーワン』であり、『オンリーワン』であることを心がけなければならないということなのです。

(青木忠史)

メルマガ購読は以下をクリック!

こちらも合わせて読まれています!

PAGE TOP