代表挨拶

代表挨拶

業績向上は当たり前。その先にある「社会変革」が本当の仕事。

はじまりは、自社の業績改善でした。

私たちが経営コンサルティングを行うようになったのは、2004年7月、私が29歳の時、父の経営する塗装工事店に入社したことがきっかけです。当時、実父の経営する会社には6,000万円強の借金がありました。

中小零細企業の会社にとっては大問題でした。しかし、私は「愛する父の力になりたい」という一筋の思いにから、その借金を自ら背負い返済をすることを決意致しました。その後3年間で見事完済出来ました。そして、その経験を忘れないためにも、父のために「社内用の経営マニュアル」を制作したのです。

すると私の父は「これはすごいな。他の工事店の方々も欲しがるぞ」と、しきりに言ってくれたのです。
その言葉どおり、次第に口コミや噂などから私の元へ連絡が来るようになり、結果的に私が作成した社内用の経営マニュアルを販売することになりました。マニュアルを販売したら、次には購入してくれたお客様(経営者)の方がたから「もっと詳しく教えてほしい」というご連絡をいただくようになり、コンサルティングサポートが始まりました。

当初は日中の仕事を終えた後に、私一人、夜のみの対応でした。

もしも自社だったら?

ところが、サポートのご依頼を受けたのは良いですが、当初は何をサポートするかも決まっておりません。そこで私はお客様の話をよく聞くことからはじめました。「お客様は何に困っているのだろうか。そして何を求めているのだろうか?」と、1つ1つをしっかりと聞き、1つ1つにお応えしていくことに決めたのです。

ただ、クライアント様に経営をお教えするにしても、私はコンサルティングを学んだわけではなかったため、何度もクライアント様ともぶつかりました。しかし、それが「情熱的な指導であり好感が持てる」と予想外のご評価を頂くようになり、さらに多くのお客様が訪れてくれるようになりました。

そのような日々が続き、私は、当時妻と365日1日18時間毎日仕事をすることになっていました。しかし、そのような日々も、自分たちだけでは徐々に追いつかなくなり、専門家を一人ひとりと雇い入れることになったのです。

これが、大黒天経営グループの始まりです。
だから、「もしも自社だったら?」と考えて取り組むことを大切にしていきたいと考えています。

大黒天経営ホールディングス株式会社 代表取締役会長
TOP経営コンサルタント 青木忠史

PAGE TOP